風俗嬢は病むの嘘 病む人はどこでも病む

風俗嬢は病むの嘘バナー

風俗嬢についてよく言われるのが「病む」「メンヘラが多い」

ネットでも「風俗の仕事は病むからやめた方がいい」という書き込みを目にします。

確かに病んでいる風俗嬢は時々います。

しかし、「病む」と言っても、本格的なメンヘラからストレスを感じているという程度まで、まさにピンキリです。

「卵が先か、鶏が先か」ではありませんが、メンヘラ風俗嬢の大半は元々そういう素質を持っている女性だと思います。

メンヘラ風俗嬢に話を聞くと、半数以上は「昔から精神的な病気や問題を抱えていた。」という返事が返ってきます。

病む原因

病む原因

まず、人は何故病むのでしょう?風俗嬢は何故病みやすいと言われるのでしょう?

病むとはストレスによる慢性的な憂鬱

「病む」という言葉は日常的に広い意味で使われていますが、簡単に言えば、心が慢性的に嫌な気持ちで満たされるストレスフルな状態です。

嫌な気持ちというのは、不快感、苦しみ、不安、恐れ、悲しみなど色々ありますが、こういう気持ちになると私達の心身はストレスを感じます。

この「病み」が長く続くと、元の状態に戻れなくなってきます。毎日、標準モードが暗い「病み」の状態です。

こんな状態が心にも体にも良くないのは明らかですね。これを放置しているとどうなるでしょう?

人間の体やメンタルは、強度または長期のストレスに晒されると色々な不具合がでてきます。

精神がおかしくなる人

他者にそのストレスをぶつける人格的な異常行為に出る人

心身症といって神経性胃炎やストレス性湿疹のように体に不調が出る人

と違いはありますが、社会的にも支障が出ますし、本人の生活や能力も悪化します。

病む原因は実は同じ

人間関係の問題

実は社会人が仕事で病む原因の90%以上が「人間関係」によるものなんです。

退職・転職の理由も、色々ともっともらしい理由をつけているものの殆どの人がコレだと言われています。

多少、お給料に不満があっても、仕事がキツくても、人間関係さえ良ければ人間「病む」ほど嫌にはならないもの。

ところが人間関係という面では風俗嬢のお仕事より他のお仕事の方がキツイです。

有名企業、大企業でも、その会社によっては、というより配属されたその時期のそこのメンバー(同僚、上司、あるいは取引先)に恵まれなければ病みます。

ソースは自分です。

意外にしっかりした会社の方が、「自分の立場だけは何が何でも手放したくない」という人が多くエグい人間模様が見られたりします。

何故風俗嬢は病むの?

疑問を持つ女性の写真

風俗嬢の人間関係

人間関係という意味では、風俗嬢が仕事上接する相手は、お客さん、お店のスタッフ、同僚の女性の3者のみ。

お店のスタッフにとって女性は大事な商品なので、女性が病みながら働き続けるということは考えにくいです。

そうなると、考えられるのは嫌なお客さんと同僚女性です。

ですが、自分がどうしても苦手なお客さんであれば次からNGにすることもできます

同僚女性とも四六時中顔を合わせるということはないでしょう。

同僚に必要以上に深入りしないことで、トラブルはかなり回避できます。

二人とも永遠に待機しているというなら、お店を変わるべきです。

風俗嬢が病んでしまうポイント

風俗嬢が病んでしまう独自のポイントとして、次のものがあります。

①風俗という仕事に対する罪悪感(バレの不安)

②性病への不安

③いくら稼げるのかという不安

④風俗をいつ辞めることができるか、その後の見通しが立たない絶望感

⑤恋愛依存

⑥不規則な生活

風俗に対する罪悪感

風俗嬢の数はどんどん増えていて、今では女性の20人に1人が風俗経験者だと言われています。

ですがまだまだ世間では偏見がありますし、私達自身の頭の中にも「セックスワーカー(性サービス従事者)は恥ずかしいこと」という刷り込みが根深くあります。

昔に比べれば、AV女優がTVに出たり、婚前交渉も離婚も当たり前と世間は進歩的になってきているのですが…

また、自分の周囲の人にバレたらどうしようという不安感もストレスになります。

性病への不安

中途半端に間違った知識があると、絶えず性病への不安を感じることになります。

稼ぎの不安定さ

完全歩合制、日払いの風俗では、大金が入ってくるのも早いですが、自分がしっかりしていないと出ていくのも早いです。

また、自分で指名をきちんととっていくことができず、お店が回してくれるフリー頼りの風俗嬢は、絶えず「今日はいくら稼げるだろう?」というストレスを感じることになります。

将来の見通しのなさ

風俗をいつ辞められるのかわからない、辞めた後どうすればいいのかわからない。

こうなるといつまでも風俗を続けなければいけない気になります。

風俗のお仕事というのは、ごく一部の女性を除いてあまり長々と続けるものではありません。

いつかは辞めないといけない仕事なのに、貯金もなく将来の計画もなければそれこそ「病む」でしょう。

恋愛依存

メンヘラ風俗嬢に多い依存症。

依存の対象は、ショッピングやギャンブル、アルコールなど色々ですが、メンヘラ風俗嬢に多いのが恋愛依存です。

恋愛といっても普通の恋愛ではないんです。

ホストやヒモ系男子など風俗嬢の高収入がなければ続かない関係、DV男性、不倫、セフレなどいかにも「病む」原因になりそうな相手が多いのも特徴です。

その男性との関係を維持するために、風俗嬢をやっている女性までいます。

女子の多くはいい恋をして、自分に価値があると感じるとキレイになります。

自分を粗末にするような恋愛をしている女性は、やはりメンヘラ系女子が多いです。

生活の乱れ

昼夜逆転生活をしても平気でお肌も荒れない強者もいますが、平均的な人間にとって不規則な生活はストレスになります。

夜働いたり、仕事の興奮状態をそのまま引きずっていたり、食事や睡眠の時間がバラバラだったり、深酒をすることが多かったり、栄養バランスを考えない食事をしていたり

こういう風俗嬢は多いです。

また店舗型で長時間働く風俗嬢の場合、ほとんど太陽の光を浴びることもありません。

睡眠障害を起こしたり、肌荒れしたり、なんとなく疲れが抜けなかったり、そういう状態だと病みやすくなります。

脱メンヘラ風俗嬢 病まないために

心の処方箋について

病みを悪化させメンヘラに突入しやすくなる一番の原因は、何故自分がストレスを感じているのかわからない、納得できない不安感です。

変に気にすれば気にするほど病む可能性が高いです。

病むポイントさえ知って理解していれば、悪いスパイラルに陥ることはありません!

病まないようにするため大切なこと

上記で挙げた病むポイントそれぞれについて、対処法を紹介します。

①風俗という仕事に対する罪悪感(彼氏バレ、家族バレへの不安)

風俗のお仕事は自分の目標のため、何カ月または何年でいくら貯める。
このようにしっかり計画を立て、自分の夢を叶えるための手段として割り切ることが大切です。

そして、バレ対策は徹底的に。これくらいいいかという気のゆるみは禁物です。

②性病への不安

ほとんどの性病はプレイ前、プレイ中、プレイ後の正しい予防で防ぐことができます。

そして早期に発見すればするほど、治療も簡単に早く済みます。

風俗のお仕事は体が資本です。そしてあなたの体は一生使う大切な体です。

是非、定期検査を受けて下さい。

性病検査は風俗で働いている間は、仕事のためのメンテナンスです。

③いくら稼げるのかわからないという不安定さ

安定した稼ぎと貯金は精神的に安心をもたらします。

安定して高収入を稼ぐのに必要なことは2つ。

・自分に合ったお店選び
・指名獲得

この2つのためにできることは全部していきましょう。

またいくら稼いでも稼いだ端から浪費していたのでは、安心することができません。

計画的に貯金しましょう。

④風俗をいつ辞めることができるのか、辞めた後どうするのかの見通しが立たない絶望感

これも上記と同じで、まず貯金をしましょう!

そして

いつまでに上がりたいのか
上がったら何をしたいのか
それにはいくら必要なのか
そのためには毎月いくら貯金していくら稼げばいいのか
貯金以外に必要なこと(資格取得など)

しっかりとシュミレーションしてみましょう。

⑤恋愛依存

恋愛依存になりやすい女子の特徴として、彼以外の世界がないことが挙げられます。

趣味など新しい楽しみを見つけましょう。

ネットのコミュニティに参加してもいいし、習い事もいいです。自分をキレイにして大切に労わってあげて下さい。

⑥不規則な生活、昼夜逆転

人それぞれ、ストレス耐性の強さ弱さは違います。

中には化け物級にタフな人もいます。

でもそういう人と同じになる必要はありません。あなたにはあなたの優先順位があります。そして健康第一です!

当たり前のように言い古されていることですが、睡眠、食事、適度な運動、そしてストレス解消が基本です。

私はどうしても深夜勤務が合わなかったので、出勤時間を少し早め、代わりに出勤日数を増やしたり指名をとれるよう頑張っていました。

またアロマテラピーやハーブティー、サプリなども活用していました。

交感神経・副交感神経のオン・オフにはヨガも効果的です。

あなたにぴったりの健康法を見つけて下さいね。

ストレスマネジメントは風俗以外でも必要

日本は一億総ストレス社会、メンヘラは国家病とまで言われているんです。(なんてこった…)

実際、「病む」と言って辞めていった風俗嬢が、一般のお仕事に就いてもっと病んで出戻りしてくるというパターンもあります。

是非、自分のストレスとうまく付き合えるようになってください。